パピヨンだって虎が好き。

パピヨンだって虎が好き。

★パピヨン虎太の阪神タイガース分析ブログ★

パピヨンだって虎が好き。

【第4回】虎太コラム~矢野さんにご提案したいこと(野手編)

f:id:totoraseijin:20190421122031j:plain

どーもどーも虎太🐯です。

 

何年も続く借金生活にも慣れっこになり、何も感じなくなっている今日この頃。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

しかも負けの半分近くが讀賣戦とかもうね。

 

まあでもこの体たらくは今に始まったことじゃないし、特に今季はみなさんも難しいシーズンだってわかってたことでしょうから、自分なりにこのストレスを和らげる術をお持ちのことと思いますがw。

 

このブログでも前々からお話ししてることだけど、糸井・福留・鳥谷の劣化(失礼!)も著しく、新戦力の台頭もあってチーム再編にはいい時期だと思うんですよ。

そしてこれも昨年からお話ししていて、セイバーメトリクスで見てみるとよくわかることなんだけど、打線はもちろん守備の崩壊具合がはなはだしい状況です。

いつまでもベテランにすがってお茶を濁してる場合じゃなく、チーム再編というよりチーム再建が必要なんですよ、待ったなしで。

まあそれはみなさんも日頃から感じてることでしょうが。

 

とはいえ、まだ始まったばかりのシーズンを育成だけのために使うのは許されるはずもなく(もうそう言われて4年目だからね)、現有戦力でいかに将来を見据えて戦うかが大事になってくるよね。

 

というわけで、虎太が矢野さんにオススメしたい守備位置コンバートも含め、こんなことをやったらいいんじゃないかってことをその根拠を示しながら挙げていくね。

賛否両論あるかもだけど、納得できないことは、まあ虎太がパピヨンだってことで許しておくれw。

糸井はファーストにコンバートまたはベンチ

f:id:totoraseijin:20190421121258j:plain

実はこれが一番やりたくってしょうがない、昨季から。

なんでキャンプでやらないかなーって思ってたしね。

ただ正直、もうスタメンから外したいってのも虎太の本音にはあるんだけども。

 

だって前からお話ししてる通り、糸井の守備がひどすぎて目も当てられない

はっきり言ってプロとして失格のレベル。

じゃあファーストならいいのかよって話だけど、この貧打線のチーム状況でまだ糸井のバッティングが捨てられないのも悲しい事実。

だったら、足、特にひざのことも考えて、少しでも負担の少ないところにコンバートするしかない。

そんで外国人がそのポジションにいるなら競わせて、使える方を使う。

だって打つだけで走・守ができないならまさに外国人枠の考え方じゃん。

 

虎太的にはレフトでもいいかと思うんだけど、もうこれだけ走れないところを見せられるとね。

それにレフトってセンターより難しいって言うプロの外野手もいるし。

まあ結局どちらにしても今季中にコンバートするのは難しいんだけども。

 

とにかくライトはお話にならないんだから、今もライトを守ってることがありえないわけで。

ただ「もうライトには絶対置きたくないけど、でも糸井が必要」って考えるなら、消去法でファーストコンバートしかないって虎太は思うんだよね。

 

ホントはフォア・ザ・チームの精神が低い人はスタメンから外したい。

けど使うならヤクルトの坂口みたいな存在になってもらうしかないかなって思うよ。

ジョーカーとしての福留

f:id:totoraseijin:20190421121255j:plain

今もなお第一線で頑張ってくれてる福留。

だけどそれはあくまでも年齢の割にって注釈が付くわけでさ、いつまでスタメンで使ってんのって話。

打線に怖さがないとか、得点圏打率が高いとか言うけど、打率2割でそんなこと言われてもねー、説得力がないよ。

糸井が外せないなら中谷とか、二軍で調子のいい高山って手もあるし、糸井をファーストにコンバートするなら、今後レフトを外国人枠としてもいいし。

ちなみに福留は守備が良いって言われてるけど、以前ご紹介したように昨季のUZRはたいがいだよ。

いくら貧打線とは言っても、立ち位置としては讀賣の阿部みたいになってないとさ。

 

だから福留にはジョーカーとしてね、今みたいに週1休みじゃなくて、逆に週1スタメンみたいにしていった方がいいと思うんだよね。

ベンチでにらみを利かせてもらってさ。

ここぞというときの代打とか。

打ちまくってるなら話は違うけど、もうそうする時期だよ。

 

別に福留をディスってるわけじゃないよ。

若手の規範になる人だしね。

でもそれとスタメンで使うのとは違うってことだよ。

ライトは中谷をファーストチョイス

f:id:totoraseijin:20190421121639j:plain

まだまだ安定性のない中谷だけど、やっぱりあの長打力は魅力。

外野守備もそこそこイケるし、キャッチャー出身で肩も悪くないしね。

それに安定してないとはいえ、昨季までよりバッティングも良くなってるしさ。

ファーストでもいいんだけど、守備はまだ慣れてないし、今後も外国人枠でってこともあるし、ちょっとスタメンで使っていきたいから、糸井をレフトに回してライトに中谷を常時置いたらどうかなって思ってるよ。

 

バッティングでは広角とかそんなこと考えずにね。

右打ちとか、当てにいくバッティングなんかじゃなくて、思い切りのいいフルスイングをしてほしい。

もう三振かホームランでもいいぐらいに虎太は思ってるし、それが中谷の魅力のはずだから。

 

いい加減ちょっと打てなくなったらもう交代っていうの止めようよ。

なんだかんだ20本打ったことのある選手だよ。

なのにいくら4番候補とはいえ、まだシーズン通して結果の出てない大山だけ優遇って、他の選手も面白くないと思うんだよね。

木浪を常時スタメンで起用

f:id:totoraseijin:20190421121253j:plain

もうここはタイガースの将来を考えてもそうすべき。

同じルーキーの近本はもちろんスタメン確定だけど、木浪もショートで使い続ける。

期待値コミコミで。

だってあとは結局成長してない北條とだんだん目がついていけなくなってる鳥谷でしょ。

だったらねー、消去法から考えても木浪一択だと思うんだけどなー。

もともと守備に定評があって、西武の源田までとは言わないけどその資質はあるとも思うしさ。

メンタル弱そうだけど、前向きに考えればそれはもう出続けることでプロの水に慣れていけば改善されていくって思えるしね。

 

それになんかカワイイんだよね、虎太ほどじゃないけどさw。

まあそれはどうでもいいことなんだけども。

糸原はセカンド固定で常時スタメン

f:id:totoraseijin:20190421121300j:plain

スタートで躓いた感はあるけど、徐々にだけど「らしさ」が戻ってきた。

打率の割にOBP出塁率)が高くて、もう少し打率が上がってくればセイバーメトリクス的にも1・2番として糸原は最適な存在。

 

守備は・・・まあまだこれからw。

ホントはそれじゃ困るんだけど現状ね、頑張ってもらうしかないよ、キャプテンだし。

まあそもそもサードの選手だからね、だから守備については今後も練習、練習。

それにここのポジションも他にいないしね。

上本には期待してたんだけど、さっぱりだし。

もう二遊間は現状「糸原ー木浪」でいくしかないよ。

 

でもこの二遊間、守備がなー・・・。

こりゃ今季の成績次第で、また即戦力二遊間獲りなんてことになるかもなー。

それは勘弁してほしいとこだけども。

近本を1番またはニュータイプの2番として常時起用

f:id:totoraseijin:20190421121251j:plain

まあもうこの人、新生タイガースの象徴となってもらうべき存在だよ。

虎太は今まで典型的な6番タイプって言ってるし、その考えは今もある。

そしてこのどうしようもない貧打線であれば1番でもいいとも。

 

ただもうどんどん成長してるんだよね、近本って。

最初は6番→5番→1番で徐々にって思ってたけど、それは糸井や糸原のOBP出塁率)&打率にも大いに関係している話。

 

これは前にもお話ししてることだけど、

近本は冷静で粘れるしバントもできるんだけど、四球を選ぶことより最後には振っていくタイプだから、打率と出塁率との差異があまりない。

それに対して、糸井はバントはできないけど打率も長打率も高く四球も選べる万能タイプで、糸原はバントができて四球もよく選ぶという打率と出塁率の差が大きいタイプ。

 

なので何度もお話ししてる通り、近本が四球も選べるようになれば絶好の1番タイプ。

でもそうでないなら、糸原の数値次第だけど、長打率の高さや足の速さから考えるとセイバーメトリクスで組む打順から言えば2番が最適ってなるんだ。

糸井は1~3番どこでもいけるからね。

 

ただし従来の2番タイプのように小技を求めるなら、この2番という打順はやめた方がいい。

近本の良さを消すから。

フリースインガーとまでは言わないけど、なるべく自由にやらせてあげた方が持ち味が活かせるからね。

 

足があって長打力のある2番バッター。

 

あくまでも他の選手との兼ね合いになるんだけど、讀賣の丸みたいな新しいタイプの2番バッターとして活躍できる素質はタイプ的にも十分だよ。

 

(番外編)育成の片山を選手登録してライトまたはファーストでお試し

f:id:totoraseijin:20190421121636j:plain

この片山については個人的に応援してるからってこともあるんだけどw。

あのバッティング見たらね、早く一軍で見てみたい。

最近はちょっと調子落としてるみたいだし、もちろん一軍レベルでできるかどうかわからんけども。

梅野と年齢もそんなに変わらないからキャッチャーでっていうとキビシイんだけど、足も速くて鬼肩なんだから、それこそお得意の捕手コンバートでw。

 

正直梅野のことを考えると、次世代を育てる方が先決だから、キャッチャーについては今季のドラフトで高校生をぜひ獲得してほしいね。

今年は珍しくキャッチャーの当たり年になりそうだからさ。

 

話を戻すと、片山は独立リーグ~育成指名ってことでハングリー精神を持ってるし、楽しみなんだよね、原口のときみたいに出てきてくれんかなーって思ってるよ。

まあ現実問題としては早い段階で選手登録されるように頑張ってほしいね。

まとめ

というわけで、虎太が矢野さんにご提案したいことをいくつか挙げてみました。

一番大きなポイントは糸井と福留の扱いだね。

ホント、外野手3人のうち、ベテラン2人がスタメンってヤバいよ。

ホームランも期待できないのに。

特に糸井のコンバートとか、現実的に考えて今すぐにはムリだろうけど、それらも視野に入れて、甲子園仕様の新しいチームを作っていくべきって虎太は思うよ。

 

もちろん若手だって永遠にチャンスがあるわけじゃない。

たとえば今季の成績次第ではまた二遊間も解体しなきゃいけないかもしれない。

なにより守備が大事なポジションだからね。

毎回ドラフトで二遊間獲りとか、そうならないことを切に願うけど。

 

木浪・・・マジお願い。

 

矢野さんも試行錯誤の毎日。

でも早く将来を見据えた新しいスタメンを見てみたいな。

 

じゃあまたね!

 

虎太 f:id:totoraseijin:20190302135036j:plain

 

打てない、守れない、指示できない。讀賣に6タテという屈辱

阪神03讀賣

勝:メルセデス(2勝1敗0S)

負:西(2勝2敗0S)

S:クック(0勝1敗6S)

本塁打:なし

 

f:id:totoraseijin:20190421205653j:plain

 

どーもどーも虎太🐯です。

 

いやーもうね、何も言えない。

讀賣に開幕から6連敗とか・・・ありえん、いやありえるか。

こんな打線じゃねー、いや守備か?

いや両方かw。

打てない、守れない。

そして・・・ただただ西に申し訳ない。

西は今までも自分から声を出して、常に野手を鼓舞しながらピッチングをしてた。

そして今日も。

いつもよりちょっと球数は多かったけど、相変わらずのテンポの良さとコントロールで7回を4安打自責点1のナイスピッチング。

その1点だって、謎の采配で本来は取られることがなかったはずの点だし。

他のチームなら全勝してるところだよ。

今日のゲームのポイント

ウチのピッチャーは安定度抜群の西

セ・リーグの中でNo.1と言ってもいいほどのハイレベルなピッチャーだから、もう打線が点を取るだけ。

他のピッチャーと違って、序盤に先制しないとピッチングが崩れる心配もいらない。

それほどの安心感がある。

3点取れれば勝てるって思えるほどに。

それでも点が取れなければ勝てるわけない。

当たり前だけど。

 

相手は左のメルセデス

ちなみにこのメルセデスって、ご存知の人もい多いだろうけど左に弱いんだよね。

左ピッチャーは左バッターに強いと言われてるけど、このピッチャーは逆。

まあそんなピッチャーなんだけど、前回もやられてるし、今回はきちんと対策を立てて

望んでたはずだった。

でも結局また点が取れず2試合連続無得点、そして6タテ、しかも讀賣に。

 

何という恥辱。

 

もう情けなすぎて怒る気力もないよ。

虎太の家来(保護者♂)はちゃんと明日会社行くのかなw。

阪神敗北の原因

まあ打てなかったということが最大の問題ではあるんだけど、貧打のチームだし前回もやられてる相手だから、そこそこ打てないのは織り込み済み。

西もそれは十分にわかっていたはず。

 

今日の敗因はとにかく拙い守備とベンチの采配にあるよ。

 

ホントに酷いよ。

取られた3点はすべて普通に防げたものだからね。

敵に塩送りすぎだろって思うよ。

 

1失点目は糸原の悪送球ボールデッドになった際、一塁ランナーのビヤヌエバがニ塁に到達していたためそのままホームインを認められた。

守備妨害にも見えるけど、そもそもなぜ糸原はビヤヌエバが立ち上がるベース上から一塁に投げたの?

 

あと3失点目はもう上本のエラーから始まって梅野の二塁悪送球、ドリスの暴投で讀賣は労せず得点を上げた。

なんだそりゃ。

 

でもとにかく意味不明だったのが2失点目。

7回表二死二塁でバッターは8番の山本。

ここでバッテリーはなぜか敬遠せずに勝負に出て、その直後山本に初球を打たれ追加点を献上した。

申告敬遠だって思ってた虎太は、梅野が座った瞬間に???

そしたら案の定。

このシーン、みなさんもビックリしたんじゃない?

 

だって次は9番のピッチャーだよ。

そして6回裏まで、ほとんど打てなかったメルセデスを交代させるチャンスだったのに。

おそらく原監督はメルセデスに代打を出したはず。

なぜなら二塁打を打ったゲレーロに代走を出してたからね。

 

なぜ勝負を選択したのか、さっぱりわからない。

梅野も西も、「え、勝負すんの?」って思ったんじゃないかな。

その戸惑う気持ちがちょっとしたスキを生み、気持ちを切り替えられないまま初球、甘い球を投げてしまったんだと思う。

 

はっきり指示しないとダメでしょ、ここは。

これはまさにベンチのタイムリーエラーだよ。

何やってんだか・・・。

 

ただそんな中、木浪は随所でいい守備してたね。

まだまだ焦ったプレイも多く、送球が危なっかしいこともあるけどね。

何とか頑張って名手と言われるレベルになってほしいな。

やっぱりショートはまず守備だからね。

梅野5番起用の是非

f:id:totoraseijin:20190421205650j:plain

今日、今季初めて5番に座った梅野だけど、その梅野がことごとくチャンスで打てなかった。

1本でもタイムリーが出ていたら展開も変わってただろうね、

 

ただだからと言って、虎太はこの打順がおかしいとはまったく思わないし、少なくとも矢野さんが今日のゲームに梅野を5番で起用したことは全面的に支持するよ。

 

なんか「これ以上梅野に負担かけるな」とか「首位打者だからって5番にするのは安易だ」とかいう意見が多いみたいだけど、それはおかしい。

だってその通り首位打者なんだし、現状他に頼れるバッターがいないんだからしょうがないでしょ。

他の人間がもっと打たなきゃダメって言うけどさ、だって打ってないじゃん。

じゃあ打つまで待ってんの?って話だよ。

 

そもそもそのまま昨日までの打順で打率上げてても、チームとして全然得点できてないわけだし、それこそこのチーム状況で、わざわざリーグトップの打率を誇る選手を下位に置くなんて余裕があるわけないじゃない。

恐怖の8番バッター?

上位がまったく打ててないけど8番に怖い打者がいるとかw。

それこそおかしくない?

5番に置いてプレッシャーがかかっただの、梅野からしたらそれは余計なお世話ってもんだし、失礼な話だよ。

しかもたった1試合しかしてないのに。

 

もちろん責任感の強い梅野の性格からして、気負ったところは多々あったと思う。

それがこの結果だったかもしれないと虎太も思うよ。

でもね、梅野は今成長の上昇曲線を描いているところ。

課題がクリアできたら次はこれ、それができたら次はこれってどんどん新しい課題を与えられていくのは当然のこと。

一般の会社だってそうでしょ。

大山みたいに、打ててない人間にクリーンアップ打って結果出せって言ってるわけじゃないんだから。

逆に言えばあの打率で打順を上げない方がおかしいよ。

 

虎太はこの打線なら5番梅野を支持するよ。

もちろん他に代わりの選手が出てくるなら、戻してもいいけどね。

 

っていうか、それより糸井でしょ、問題は。

 

・・・まあとにかく讀賣に6タテとか最悪すぎるわ。

なのでもう虎太はジャーキーをやけ食いして寝ることにするよ。

とにかく選手もベンチもそしてファンもまた気持ちを切り替えてまた頑張ろう。

 

じゃあまたね!

 

虎太 f:id:totoraseijin:20190302135036j:plain

 

ほら、やっぱり!矢野さん、ベテランお引取りの時間ですよ。

阪神02讀賣

勝:ヤングマン(2勝0敗0S)

負:岩貞(1勝3敗0S)

S:クック(0勝1敗5S)

本塁打:(讀賣)石川1号

 

f:id:totoraseijin:20190421091318j:plain

 

どーもどーも虎太🐯です。

 

んーついに讀賣戦開幕5連敗ですか。

昨季から数えると引き分け挟んで8連敗。

いやー笑っちゃうくらい勝てないね。

矢野さん、たしか讀賣戦には特に頑張りたいって言ってたような。

まあこれだけ打てないとね。

誰がやっても変わらんかw。

 

先発の岩貞

今日は良かったね。

背水の登板でしっかり結果を残してくれたよ。

まあ石川に一発打たれたけど、それ以外は前回よりはるかに良かった。

ストレートに力もあったし。

自慢の先発陣がどんどん離脱する中、踏ん張ってくれたね。

今日は残念だったけど、次回も同じようにしっかり7回くらいまで抑えてほしいよ。

 

今日のゲームのポイント

今日は岩貞がどれだけ我慢できるか、できれば7回まで2~3点で抑えられるかがポイントだった。

前回、前々回とまた昨季のようなピッチングに戻ってたからね。

 

そしたら岩貞が7回2失点の合格点ピッチング。

強力な讀賣打線に対してよく抑えてた。

まさかここまで抑えてくれるとは思わなかったからうれしい誤算ではあったよね。

 

ただ・・・打線が1点も取れないっていうね。

相手のヤングマンは背が高く、角度のあるストレートとカーブが特徴のピッチャー。

なんかウチのランディみたいな感じなんだけど、球のスピード自体は手が出せないほどじゃないし、1点も取れないようなピッチャーじゃないはずなんだけどなー。

先週ヤクルトがヤングマンを4回で3ホームラン打ってK.Oしてるしね。

 

とにかく緩急にやられた感じ。

特に大きく落ちるカーブにタイミングが合ってなくて、強引に振って空振りするシーンが多くあったよ。

それでも制球がまだ定まってなかった序盤には、先制できる絶好の機会が何度もあったんだけどね。

またもや拙攻で、以降ヤングマンを立ち直らせちゃった。

 

昨季もそうだったんだけど、なぜか苦手なんだよなーヤングマン

っていうか阪神打線は誰でも苦手なんだけどねw。

阪神敗北の原因

こりゃもう打てなかったことに尽きるよ。

だって無得点だから。

とは言ってもさっきちょっとお話ししたように、初回、2回と、先制できる絶好のチャンスはあった。

 

初回は無死三塁で無得点。

先頭バッターの近本がルーキーとは思えない素晴らしい走塁で、内野安打なのにサードまで進塁して作ったチャンスだったからね。

前日のゲームのモヤモヤをいきなり晴らすビッグプレイにいきなり甲子園も大盛り上がり。

完全に先制の雰囲気が漂い、今日はイケるって感覚をチームもファンも感じてた・・・。

 

しかし先制できなかった。

 

 

そして続く2回。

一死ニ三塁の場面を作って、またまた大チャンス。

しかしここも糸原、糸井と倒れ、無得点・・・。

なんなんだこりゃ。

 

今日は近本の後の2人。

糸原、糸井のイトイトコンビがブレーキになってしまった。

 

これじゃあ勝てるはずないよね。

そのあとは大したチャンスもなく、あっさり終了。

淡泊なつまらないゲームになってしまったよ。

悩ましい ベテランの存在

 昨日もお話ししたんだけど、虎太はもうベテラン2人の同時スタメンを日常化するのを止めた方がいいと思うんだよ。

 

たとえば福留

得点圏打率が高いとはいえ、もともとの打率は2割2分。

一発の期待値も高くないし、そろそろレフト福留を続けるのを考えた方がいいよ。

名前で相手にプレッシャーをかけるとか言う人もいるけど、もう別にプレッシャーになってないでしょ。

リーダーシップとチームのご意見番みたいな役割はベンチでもできる。

この感じだと来季は引退からのコーチ要請って流れになると思うから、今二軍で好調な高山を早々に上げた方がいいと思うんだよね、来季以降のためにも。

 

福留は代打の切り札。

 

それでいいと思うんだよ。

 

そして問題の糸井

昨日も初回にライトに上がったフライをヒットにしてた。

何度もお話ししてる通り、昨季から糸井のUZRはもう最悪レベル。

膝に爆弾抱えてるんかもしれないけど、だったらベンチも考えないと。

走らなくてもいいファーストにコンバートするとかさ。

3割打ってる貴重なバッターだけど、それ以外は正直平均以下だからね。

走攻守の三拍子そろった選手と言われてるけど、そもそも阪神に移籍する頃から守備については疑問だったし、今じゃ走塁もダメだもんね。

 

それに糸井ってフォア・ザ・チームの気持ちがまったく見えない。

自分自分って感じに見えてしょうがないんだよ。

自分の成績=打率が良ければそれでいいみたいな。

守備も走塁もやる気が見えないよね。

金曜のゲームでの最終回の走塁はその最たるもの。

膝の問題なのか単なる怠慢なのか知らんけど、どっちだったとしても問題でしょ。

 

そもそも外野に2人も走れないベテランを置くとか、広い甲子園を本拠地にしているチームのやることじゃない。

2人ともホームランを20本以上打ってくれるんならまだしもね。

一発が期待できない、走れないベテランなんて、置く意味があるのかな?

 

2人に代わる若手が出てこないってよく言われてるけど、ホントにそうかな?

だってそもそも使ってないでしょ?

特に福留の2割2分なら高山でも打てそうなもんだけど。

そして同じような成績なら若手を使うって考えれば、聖域扱いする必要ないと思うんだよね。

先日の福留休養日、めちゃくちゃ打線つながったからね。

相手が大したことなかったと言えばそれまでだけど、その片鱗は見せたわけだから。

 

みんな2人を外したら得点能力が落ちるっていうけど、百歩譲ってそうだとしても失点については考えないの?

目に見えない、数字に出ないものかもしれないけど、特に糸井なんか明らかにチームの士気に悪影響を及ぼしてる。

 

甲子園だよ、ウチの主戦場。

 

矢野さん、昨日も言ったけど、そろそろお引き取りいただく時期なんじゃない?

矢野さんならやってくれるって信じてるよ。

新しいチームの象徴、近本という存在

f:id:totoraseijin:20190421091316j:plain

 

過渡期と言われ続ける中、「ニュー・タイガース」を構築する上で、最も象徴的な存在。

それが近本だと虎太は思ってるよ。

 

足が速く強い打球が打てる野手。

前にもお話しした通り、赤星2世というより青木2世だね。

これぞ甲子園を本拠地とするチームに必要な選手ってところを存分に見せてくれている。

守備はまだまだ不慣れなところもあって、UZRはリーグ最低だけどもw。

まあまだ始まったばかりだしね。

 

でもね、みんな近本は肩が弱くて送球が問題って言うけど、セイバーメトリクスARMっていう外野手の送球貢献度、つまり進塁阻止や捕殺を表す指標では、現在リーグトップ!

セパ合わせても2位なんだよw。

 

それと虎太がいいなって思ってるところは、もう何年もプロで食ってるかのような落ち着きぶり、周囲を見渡せる目。

冷静でメンタルが強くて。

あとは経験をすぐに吸収する力と頭の良さね。

 

「タイガースは近本のチーム」って言われる日も近いんじゃないかな。

甲子園を主戦場とする上で、最も理想に近く、これからのタイガースのあるべき姿を体現してる選手だからね。

チームカラーを変える必要性に迫られているタイガースにとって、この近本という存在は単なる一選手以上の価値があると虎太は思ってるよ。

 

さあ、今度は西が投げる日。

西で勝てなかったら、永遠に讀賣に勝てないと言ったら大げさだけど、それくらいの気持ちでやってほしいね。

 

相手はメルセデス

苦手な左・・・なんて言ってられない!

いくらなんでも讀賣とやって2カード連続3タテなんて、阪神ファンにとってこんな屈辱はない。

月曜からのお仕事にも影響を及ぼすと言っても過言じゃない。

 

今、虎太の家来(虎太の保護者♂)は、時期的なものもあって連日コピーの研修講師みたいなことやってるんだけど、3タテ食らったら受講者のみなさんが可哀想なことになるから、虎太的にはそのためにも勝ってあげてほしいと思ってるよw。

 

じゃあまたね!

 

虎太 f:id:totoraseijin:20190302135036j:plain

 

交錯する陰と陽~新旧交代する絶好のターニングポイント到来!矢野さんの英断に期待!

阪神412讀賣

勝:菅野(3勝1敗0S)

負:メッセンジャー(1勝2敗0S)

本塁打:(阪神)木浪1号

    (讀賣)小林1号、岡本7号、坂本5号

 

f:id:totoraseijin:20190420001210j:plain

 

どーもどーも虎太🐯です。

 

終わってみれば惨敗ともいえるゲームだったね。

でもね、虎太的にはこのゲーム、はじめから勝つ可能性は低いって思ってたから、勝敗については別にいい。

相手は菅野、こっちは年々衰えが目に付くランディ。

別に初めからあきらめてたわけじゃないけどさ。

いくらその前日に打線が爆裂したとはいえ、もう地力が違いすぎるしね。

だからね、単純に負けたって事実は悔しいけど、それ自体には特に思うところはないよ。

 

今回、虎太がお話ししたいことは、そういうことじゃないんだ。

 

このゲームは今後のチーム作りについていろいろ考えさせられたものになった。

チーム再編については今までも言われてたことだけど、今がその時だって強く思ったね。

 

新しい方向に舵を切る絶好の機会ー

 

今ならファンも納得してくれるんじゃないかな?

今日のゲームのポイント

 味方が先制するまで、ランディが我慢できるかってところが大きなポイントだったわけだけど、2回の小林の3ランで、序盤に3点のビハインド。

相手が菅野ということから考えても、もうこの時点で流れもなにも勝敗はほぼ確定してしまった。

 

もうランディはキビシイね、残念だけど。

もう球に力がなくなってるから、どんな球種でもファールで簡単に粘られちゃうし、見極められちゃう。

もともと球数が多いところにさらにこれではさすがにね。

今までは多少コースが甘くても角度とキレのあるストレートにフォークや大きなカーブを交えることで抑えられていたけど、今の球の力では抑えることは難しい。

登板したすべてのゲームで先制されてるし、裏ローテが流動的になってることから、表も含めてローテ全体を再編する必要があると思うよ。

 

あと打つ方では前日にすごくいいカタチで機能したから、それがどこまで菅野に通用するかをみんな注目してたけど、うん、やっぱり案の定だったねw。

阪神敗北の原因

結果的に一番大きかったのは2回の小林の先制3ランというのは間違いないね。

ソロならまだしも、今の讀賣に対して、しかも菅野に対して序盤に3点も取られたらやっぱりキビシイ。

打たれたのは初球のカーブ。

ちょっと配球にも疑問なんだけどさ。

ちょと不用意だったね。

 

ただ逆に言えばまだ序盤で3点だから、序盤に1点でも返せてたらまだまだわからなかった。

そんな中、4回のあの北條の連続タイムリーエラー

あれは痛かった、ホントに。

プロとしてありえないプレーが連続で起きたからね。

 

あの回は伏線があったよね。

先頭の田中のショートへの当たりを北條が好捕して一塁に送球。

ワンバウンドになった球を今日二軍から上がってきてファーストスタメンになった陽川がはじいて内野安打にしてしまった。

あれはファースト取らないと。

難しいハーフバウンドってわけでもなかったし、普通のファーストなら取ってるでしょ。

つかんでいればアウトだったし、あれがなければあの回はおそらく無失点だった。

北條だって気分的にもノッて行けたはずだし。

ファインプレーとして称賛されて終わったイニングのはずが、逆にその後のあの凡プレーで罵倒される結果に。

まあもちろん北條のエラーがなければ、そもそも無失点で終わったイニングだったんだけどね。

 

今までも北條の守備についてはいろいろ言われてたけど、あのプレーではやっぱり使えない。

昨季後半、ようやくバッティングのコツがつかめて、今季は一気にって期待されてたのに、打つ方もダメ、守りもダメってなればもうね。

 

でも良いように考えれば、そのおかげで木浪がまたショートに復帰できて、あのホームランにつながったんだから。

今後ショートのファーストチョイスが木浪になることが予想されるから、それはそれで良かったかもね。

 

f:id:totoraseijin:20190420001213j:plain

しかし木浪のホームランは本人にとってもチームにとっても大きいものになったね。

球数がいってたとしてもあの菅野からプロ初ホームラン。

それだけでもこのゲームは価値があったよ。

 

おめでとう木浪!

 

ホント木浪獲っといて良かったね。

問題だらけの編成部門だけど、この木浪の指名は今のところヒットだったと言えるよ。

まあ今のところね。

旧戦力の劣化と新戦力の躍動のコントラスト

このゲームはね、虎太的にはすごく意味があったと思ってるよ。

何度も言うけど、別に負けること自体はいいんだ。

 次につながる何かを見せてくれればね。

その観点からいくと、今日のゲームはターニングポイントになるはず。

なぜならベテラン勢を始めとする旧戦力の劣化と怠慢プレーに対して、若い戦力が躍動して、そのコントラストがくっきり映し出されたゲームだったからね。

 

矢野さん、もうそろそろいいんじゃないかな?

 

前任者の期間も含めてもうチーム立て直し4年目。

ベテランを外すのは勇気がいることなのはみんなわかってる。

そうすることでチームの士気への影響や周囲の批判も強くなるかもしれない。

経験不足ゆえの痛い敗戦も当然多くある。

だけどさ、改革って痛みを伴うもの。

それでもやるしかないと虎太は思うんだ。

そしてそれが出来るのは、矢野さんしかいないんだよ。

 

前日のゲーム。

相手が違うと言われればそれまでだけど、福留を外した中でもあんなゲームができるって証明した。

 

対して今回のゲーム。

どうでしたか?

何が見えましたか?

 

激しい経年劣化やもう成長打ち止めの選手たち。

昨季からヒットは打ってもケガばかりで怠慢走塁や拙守を繰り返す糸井。

若手の規範で好機にも強いが残念ながらあらゆる面で劣化が著しい福留。

守備も走塁も平均以下で長打どころか単打さえ打つこともできない北條。

もはや二軍戦でも低打率でホームランも1本とほとんど打ってない陽川。

制球力がなく、登板過多の影響からか、もはや球も見切られ始めた桑原。

目の衰えからか球を呼び込むことが出来ずヒットゾーンが狭すぎる鳥谷。

 

それに対して粗削りながら将来性のある選手たち。

足があって長打率が高く、日々の経験吸収力抜群でメンタルも強い近本。

メンタルに難があり穴はまだまだ多いがバッティングセンス抜群の木浪。

たらい回しの守備も平均点で何より飛ばす力が魅力の貴重な右打者中谷。

チームリーダーと言ってもいい責任感とバッティンが開花し始めた梅野。

日々叩かれる中でそれでも随所に非凡なものを見せる守備もうまい大山。

守備はまだまだだがバッティングでは本来の調子を取り戻しつつある糸原。

制球難だがストレートやスライダーのキレが抜群のパワーピッチャー齋藤。

 

どちらをファーストチョイスとするか、もうわかりきってるじゃない。

ここで対外的にもしっかりチームの方向性を示すことが大事なんじゃないかな。

 

別に勝敗度外視なんて思わない。

ベテランの力もまだまだ必要。

でもそれはあくまでも後方支援の立ち位置であるべき。

 

虎太は矢野さんの英断を期待しているよ。

たとえマスコミやファンから叩かれても、一本筋が通った未来のための選択を矢野さんにはしてほしい。

そしてその機会は今だよ。

 

次の相手はヤングマンか。

菅野と同じ右ピッチャーだね。

矢野さん、またスタメン変えてくるだろうけどどうなるかな?

また糸井を2番に使うのかどうかも興味があるよ。

打線もなんだかんだで今回も10安打したわけだし、そろそろスカッと勝ってほしいところだね。

 

岩貞にとっても大事なゲーム。

チームの打線どうこうより、いかに自分のピッチングができるか、それだけに注力して。

もはや後がない、背水の意識でやらないとだよ。

 

じゃあまたね!

 

虎太 f:id:totoraseijin:20190302135036j:plain

 

阪神春のホームラン祭り☆岩田完投勝利おめでとう!

ヤクルト513阪神

勝:岩田(1勝0敗0S)

負:大下(0勝1敗1S)

本塁打:(ヤクルト)山田4号、村上5号

         (阪神)大山3号、4号、中谷3号、4号、近本3号

 

f:id:totoraseijin:20190420095109j:plain

 

どーもどーも虎太🐯です。

 

いやーこんなこともあるんだね。

誰が今日の展開を想像しただろう。

逆の展開なら想像できたけどもw。

 

先発はお久しぶりの岩田

そして相手は強力打線のヤクルト。

もう序盤に点差をつけられてあっさり負けるかもとも思ったけど、まさかその逆が起こるとはね。

しかも終わってみればホームラン5発とかw。

 

これは夢ですか?

 

とにかくこの勝ちはいろんな意味で大きい。

首位のヤクルトに結局通算で勝ち越したままだし、なにより明日からの讀賣戦、しかも菅野から始まる表ローテに対する勢いをつけることができた。

もし序盤からこのいい流れのまま、菅野から先制できればちょっとおもしろいことになるかもしれないね。

 

もともと勝てるはずのない相手。

でもこのゲームのおかげで、少しだけだけど勝てる雰囲気が出てきた。

ホントに少しだけねw。

 

まあどうせ明日のゲームが終わったら、やっぱりいつものタイガースってなるだろうけどさ、でもイケるかもって気にさせてくれる。

昨日までは絶望的だったのに、1日でこれだもんね。

 

これだから阪神ファンは止められないw。

 

とにかく岩田はよく頑張ったよ。

中継ぎも休ませることができたし、明日以降につながる最高のカタチを作ってくれた。

 

1402日ぶりの完投勝利、おめでとう岩田!

そしてありがとう!

今日のゲームのポイント

これはもう先発の岩田が久しぶりの一軍のマウンドでどれだけ投げられるかだったね。

いくら二軍では無双してたからって、相手はヤクルト打線。

またいつもの序盤、特に初回からコントロールが定まらなくて自爆するパターンなんじゃないかって思ってたからね。

 

逆に打線についてはもう初回で1点でも先制しておくことが大事だった。

今までの傾向から、初回に岩田が2~3点取られる可能性が高かったからね。

 

こんな条件だったから、今日勝のはやっぱり難しいって思ってたよ。

阪神の勝利の原因

これはもう初回に4点取ったことで間違いないね。

4点だよ、4点!

他のチームならそんなに珍しくないのかもしれないけどさ、ウチが初回に4点とかもうね、ビックリだよ。

 

しかもその内訳が良いんだよね。

北條、糸井が出塁して、バッターは4番・大山。

なんとかタイムリーって思ってたら、なんと2試合連続となる先制の3ランホームラン!

そしていつもならここで終わりとなるところを、今日5番位入った糸原が2ベースで出塁し、すぐさま次の中谷がタイムリを打って4点目。

 

もちろん大山のホームランが一番なんだけど、虎太的にはこの4点目を取れたことがチーム全体にとってかなり大きかったと思ってるよ。

 

一方、岩田はといえば、4点もらったその裏の投球でやっぱり予想通り制球が定まらず、すぐに1点返された。

そしてバッターはバレンティン

もうホームラン覚悟してたけど、運よくゲッツーで凌ぐことができた。

これは大きかったね。

とにかく球が高くて、こりゃ何点取られるんだって、もう半分あきらめてたしw。

 

だからヤクルトはせめて初回にもう1点でも取ってたら、もしかしたら今日みたいな展開にはならなかったかもしれないね。

 

結局ゲームは、2回途中から岩田が立ち直り、打線の援護のおかげもあって少ない投球で回を重ねて、とうとう完投勝利まで上げたわけだけど、やっぱり勝負を決めたポイントは、この初回の攻防だったね。

 

あとは矢野さんの采配。

まずは打順変更が見事大当たり。

ただこれだけならたまたまってこともあるし別に大したことじゃない。

 

ほーって虎太が思ったのは木浪を2打席目ですぐに代えたこと。

リードしてる場面でまだ序盤。

もうね、執念というか鬼気迫るものを感じたよ。

昨日見た木浪の意地の送りバントもそうだったけども。

もちろん失敗することもあるけど、少なくとも前監督よりは意図がしっかり伝わってくる。

明日以降も采配が冴えるといいね。

大山2本+中谷2本+近本1本=5本塁打

こんなことある?

っていうか、どこの強豪チームですかこれw。

 

f:id:totoraseijin:20190419012053j:plain

大山は2試合連続の2打席連発。

だいぶ良くなってきたね。

その後の打席でもあわや3打席連続かっていう二塁打も打ったし。

 

f:id:totoraseijin:20190419012051j:plain

中谷は一昨日のゲームで逆方向にホームランを打てたことで少し開眼したのかな?

昨日は出場できなかったけど、その流れを引き継いでこれまた2打席連発。

 

もちろん今日打っただけではまだ何とも言えないけど、明日からの讀賣戦への大きなはずみになったのは間違いないよ。

2人にはぜひ明日からのカード、特に菅野から一本打ってほしいね。

 

f:id:totoraseijin:20190419012048j:plain

そして近本

もう3本とか、どういうこと?

小力があるにもほどがある。

甲子園の右翼席に打ったのも驚いたけど、今日はバックスクリーン脇ですか。

これ、打率2割超のホームラン20本、20盗塁でトリプル2、イケるかもね。

まあトリプル2だけどねw。

問題は明日からの讀賣戦第2ラウンド

もうこれ以上にないムードで東京ドームに乗り込むわけだけど、問題はここで勝ち越せるかだよ。

前回カードでは屈辱の3タテを食らってるからね。

 

今年の讀賣はマジでヤバイ。

 

しかも明日からは菅野から始まる表ローテだし、また3タテくらってもおかしくない。

ここを勝ち越すには、なんとしても明日の初戦、菅野から勝つこと。

難しいのはわかってるし、勝てる可能性は相当低いけどさ、でももしここで勝てたら、単にカードの頭を取る以上に大きな意味合いを持つことになる。

 

一番最初にお話ししたけど、タイガースは負けてもともと。

失うものは何もない。

思い切ってぶつかって、ぜひ勝ってほしいよ。

 

じゃあまたね!

 

虎太 f:id:totoraseijin:20190302135036j:plain

 

何があった???不可解な8回の継投と謎采配。

ヤクルト2-2阪神

 

本塁打:(阪神)大山2号

 

f:id:totoraseijin:20190418003834j:plain

どーもどーも虎太🐯です。

 

いやー何とも言えないゲームだったねw。

もう流れが二転三転、いや四転五転くらいしてたね。

でもこんなゲームにしたのはタイガースだよ。

 

接戦だったけど、完全に、もう100%勝ちゲームだったと言っていい。

せっかく野球の神様が今日はタイガースに勝たせよう勝たせようとしてたのに。

ほとんど打ってないのに流れをくれてね。

こんなことめったにないのにさ。

それに逆らうってどういうこと?

 

これじゃあ勝てるはずないよ。

 

それでも負けなかったのは延長から投げたリリーフ陣、特に岩崎のおかげだね。

矢野さんはちゃんと褒めてあげてよ。

今日のゲームのポイント

f:id:totoraseijin:20190418005340j:plain

今日は先発の青柳が味方が点を取ってくれるまで、どれだけ我慢できるかが大きなポイントだったんだけど、終わってみれば7回無失点のナイスピッチング。

まあ内容はコントロールも荒れ気味でちょっとヒヤヒヤだったんだけどね。

ピンチでゲッツーを取りまくるとか、はっきり言って運も味方してくれたところもある。

でも良かったと思うよ。

相手はヤクルトの強力打線だったわけだから。

 

そして打つ方は大山が2ラン打っただけで相変わらずだったけど、正直勝ち負けに限ってで言えばこのまま逃げ切れるはずだった。

流れは完全にタイガースだったしね。

 

しかしそれを止めたのが・・・8回の謎の継投。

青柳に代えてジョンソンじゃなくなぜか能見を送ったところで、流れが一気に変わった。

この交代で嫌な予感がしたのは虎太だけじゃなかったはず。

なんで矢野さんは方程式を変えたのか、虎太はいまだに疑問だよ。

延長12回でもドリスを出さなかったけど、まさか何かあったの?

阪神引き分けの原因

今日は負けに等しい引き分け。

たしかに後半追い込まれながらもよく凌いだとも言えるけど、そもそもそんな状況に追い込んだ最大の原因はあの8回の継投だよ。

 

なぜ能見にしたのか?

なんでわざわざ流れを変えるような采配をしたのか?

8回ジョンソン、9回ドリスっていう方程式を崩さなければいけなかったのはなぜなのか?

結局ジョンソンをイニング途中で出しておまけに回跨ぎさせちゃうし。

こういうの一番良くないよ。

ジョンソンも今日は災難だったね。

いつもイニング頭からなのに、いきなりあんな場面で出させられて。

バレンティンに同点打をやられたけど、これはジョンソンを責められないよ。

 

というわけで、8回の継投からすべておかしくなった。

10回の木浪のスリーバント強行なんて意味が分からん。

もともとノーアウト一塁でバント指示だったからこれは当然。

でもバッテリーミスでノーアウト二塁になった時点で、なぜバント指示を辞めなかったのか?

一死三塁の場面を作りたかったのはよくわかる、わかるけど、その前に木浪は2球バント失敗してて、焦りが画面からもはっきりとわかるような状態で、とても成功できるような雰囲気がなかったよ。

そんなところで極めてラッキーなことに、ノーアウト二塁になる状況が訪れた。

もうこれは打たせるべきでしょ。

もともと一死二塁にしようとしてのバント指示だったわけだし、明らかに失敗しそうな雰囲気だったんだから。

そしたら案の定、三振でただアウトカウントが増えただけだった。

 

あとは中谷を最後まで使わなかったことも疑問。

これも10回の攻撃の場面だけど、木浪が倒れて一死二塁となり、次打者のピッチャーに代えて鳥谷を出したのはまだいい。

謎なのは二死一二塁になった場面で、植田に代わって北條を出したんだけど、その裏の守りで北條をそのまま使わずにショートを鳥谷、セカンドを木浪にしたところ。

どうせそうするなら、なんで北條ではなく昨日結果を出した中谷を植田の代打に使わなかったのか?

んーわからん。

 

8回の継投といい、木浪のスリーバントといい、中谷を最後まで使わなかったことといい、今日は謎采配のオンパレードだったよ。

でも結局打てないことが大問題

まあ結局これに行き当たる。

とにかく打てないからこうなるわけでさ。

それに加えて謎采配じゃもうね、勝てるゲームも勝てないよ。

 

大山は今日ホームランを打ったけど、延長に入った打席で絶好のホームランボールを打ったとき、タイミングがドンピシャだったのに、ただのレフトフライとかw。

打った瞬間キターって思ったのに・・・こういうとこなんだよなー。

 

まあこれは福留にも言えることなんだけども。

でも福留の場合はもう年齢的なもんもあるし、しょうがないとも思うけどね。

 

それより鳥谷は深刻だね。

同級生の青木とは全然違う。

おそらくもう目の問題なんだと思うよ。

年々ボールの見極めができなくなってきてるしね。

だから最後までボールを呼び込んで打つことができなくなってる。

そうするともう打つポイントを前に置くしかないから、速い球はカットするのが精一杯で、以前なら見送ってたボールになる変化球にも手を出して空振りしてしまうことになってしまう。

特にストライクからボールになる低めの球には対応できない。

伸びしろを考えてもやっぱりスタメンは鳥谷より若手ってなってもしょうがないね。

 

しかしあらためてホームランって魅力的だよね。

一発で流れを引き込むんだから。

昨日の中谷の逆方向のホームランとか、今日の大山のホームランとか。

それだけで球場・ベンチ・選手の雰囲気を一新してしまう。

やっぱりタイガースに必要なのは一発を打てる野手の存在。

レアードひとりのホームラン数とチームの合計ホームラン数が変わりないとかね。

レアードも獲得候補だっただけに、何とも切なくなるよ。

 

さて、気持ちを切り替えて考えようか。

明日の先発はヤクルトが大下

ん?大下ってリリーバーじゃないの?

もしかしてオープナー扱い?

まあまあ相手のことよりも、ウチの岩田だね。

特に岩田の場合は立ち上がりがいつも問題だったから、変わってなければその初回がポイントになるよ。

 

 

明日のゲーム、今日勝ちきれなかったことがどういう影響を及ぼすか?

もうイヤな予感しかしないけども、なんとか頑張ってほしいよ。

 

じゃあまたね!

 

虎太 f:id:totoraseijin:20190302135036j:plain

 

予想通りのガルシアw。でも攻撃陣には光明も!

ヤクルト9-5阪神

勝:原(2勝0敗0S)

負:ガルシア(0勝3敗0S)

本塁打:(ヤクルト)村上4号、バレンティン4号

         (阪神)中谷2号

f:id:totoraseijin:20190417005846j:plain

どーもどーも虎太🐯です。

 

いやー今日はゲームが決まるのが早かったねー、初回で終わりとかw。

ガルシアはやっぱりダメだったね。

もう球に力がないし、コントロールも荒れて、自爆してるしさ。

何投げても打たれる感じだった。

 

何度も言ってるように、昨季のデータから言っても今年ガルシアが活躍することは難しいよ。

わかりやすく開幕の時から調整遅れだったしね。

まあガルシアにはしばらく二軍に行ってもらってればいいよ。

なんならそのまま行ったきりでもいいけどw。

今日のゲームのポイント

とにかく今日のゲームはガルシアの出来にかかってた。

前回まで2ゲーム連続でKOされてたし、今日もダメなら二軍行きって本人もわかってたと思うしね。

なんとか味方が先制するまで我慢して投げられるかが大きなポイントだった。

 

そして打線はとにかく先制して序盤に主導権を握ること。

先発がガルシアということもあって、なんとか楽な気分で投げてもらえるようお膳立て

することが求められていた。

 

そして始まったゲーム。

珍しく打線が初回から機能してなんと2点を先制。

これは見事な攻撃だったね!

初回というところが良かったよ。

でも、あとはガルシアが落ち着いて投げてくれればというところで、まさかの初回で撃沈。

連続四球に3ラン被弾とか、もう単なるガルシアの自爆テロ

せっかく盛り上がった打線も一気に絞んじゃった。

まあこれは仕方ないかもしれんけども。

それでもあの初回の攻撃は良かったし、ちょっと光が見えてきたから、明日以降にも期待したいね。

阪神敗北の原因

もちろんこれはガルシアの背信投球。

1回1/3で7安打3四球7失点とかもうね、何も言えないよ。

 

じゃあ打線はどうかっていうと、結局11安打5点。

まあなんだかんだでいつもより打ってたわけだから、あまり責められないかもしれない。

ただね、1回が終わった時点では、まだ2対5の3点差。

すぐに引っ繰り返されたショックもあったろうけど、まだ始まったばかりでしかも初回に2点取ってたわけだから、あきらめる必要はなかった。

序盤にもう1点でも奪えてたら正直ゲームの行方はわからなかったと思ってるよ。

それだけに、2回表の先頭・木浪がすぐさま追撃の2塁打を放って無死二塁。

沈みかけてたムードが再び盛り上がり、まだまだイケるって雰囲気になりつつあったところで1点も取れなかったのは痛かった。

虎太はね、この2回表に点を獲れなかったことが今日のゲームを決定づけたって思ってるよ。

意地を見せたキナチカに光を見た

今日のキナチカはお互い1安打ずつ。

ただこれにはしっかり意味があったよ。

木浪はさっきお話ししたように追撃の2塁打を放った。

結局点にはならなかったけど、まだまだあきらめないっていうチームを鼓舞する一打だったからね。

それにこれで4戦連続安打。

このまま遊撃スタメンに定着できるといいなーって思ってるよ。

 

そして近本

今日はまったく相手先発の原に合ってなかった。とくにスライダー。

正直前半に打っていてくれれば、その後の展開も変わってたかもしれないとも思う。

だけどその原から最後の最後で意地のセンター前

これは良かった。

中谷の思わぬホームランで回ってきた打席。

きっちりそのチャンスを活かしたね。

同じピッチャーにやられっぱなしで終わらなかったところがいいよ。

ホント、この近本の修正能力には驚かされるよ。

 

明日は2人揃ってもっと活躍してほしいね。

裏ローテ再編か?それとも・・・

浜地、秋山、ガルシアと、裏ローテのピッチャーが次々と打たれ、現在そのまま残っているのは2番手の青柳のみ。

ただその青柳も勝てていない。

そして18日にはお久しぶりの岩田がほぼ決まりということだけど、それだってやってみなければわからないからね。

 

裏ローテ1番手のガルシアも二軍落ちとなり、さあ誰を上げるかというところなんだけど、おそらく才木だろうね。

今日二軍の中日戦で8回4安打無失点と好投してたし。

そうなると裏ローテは「才木ー青柳ー岩田」になるね。

んー不安すぎる。

それでも明日の青柳とその次の岩田の2人が好投してくれればいいんだけど、それも微妙だよね。

そうなると、ついに虎太イチ押しの高橋遥の出番か?

ただ高橋遥はたしかに今のところ順調にきているけど、まだまだ体力をつけてる段階で、できればもう少し調整させたいところ。

そして単純に空いた席をそのまま埋めるんじゃなく、ローテの再編も考えられるね。

 

あともう一つ方法があるよ。

それはねー、今年栗山監督がやって話題になった「オープナー」

幸い守屋の調子がいいので、最初の2~3イニングを守屋に投げさせて、そのは継投でなんとかゲームを作っていくというやり方もありだと虎太は思うよ。

ムリヤリ先発を当てはめなくてもいいしね。

ぜひウチもちょっと考えてみてほしいな。

 

とりあえず負けちゃったから、明日の青柳には頑張ってほしいな。

打線の援護さえあれば2桁だって勝てると虎太は思ってるからね。

打線もちよっとずつだけど上向いてるし、今日だって5点取ってるわけだから。

とにかく明日、明日だね。

青柳の今季初勝利よろしくおねがいします!

 

じゃあまたね!

 

虎太 f:id:totoraseijin:20190302135036j:plain